ミッションオイルの役割について

自動車はオイルによって潤滑・洗浄・冷却・力を伝えることで走行することができ、自動車にとってオイルはとても重要なものです。オイルにはミッションやブレーキ、エンジンなど使用される場所や用途によってさまざまな種類のものがあります。その中にミッションオイルがあり、マニュアルトランスミッションとオートマチックトランスミッションに使用されますが、それぞれ違ったオイルの役割を持っています。マニュアルトランスミッションの場合には主にミッション内のギヤの潤滑を担っています。こまめなオイル交換の必要はないと言われることもありますが、ギヤの入りが悪くなったりする場合もあるので定期的な交換をすると良いです。オートマチックトランスミッションの場合には主にエンジンからトルクをトランスミッションに動力として伝える役割を担っていて、トルクコンバーターと言うオイルを介してエンジンの動力を伝える装置でマニュアル車のクラッチとトランスミッションの働きの一部を同時に行うような働きをする部分ですが、そこに満たされています。このオイルが劣化してしまうと変速時のショックが大きくなったりするので、定期的な交換が必要です。交換の目安としては走行距離が2万キロから3万キロで交換すると良いです。

Comments are closed.