パワーステアリングオイルの役割について

ハンドルを回して前輪で操舵するわけですが、人力で重い前輪を動かすためにエンジンや電気モーターの力を借りてポンプを回し、油圧の力を利用して軽い力で操作できるようにするものがパワーステアリングです。
これがないと車庫入れにもひと苦労することになります。エンジンやモーターの力を伝達する役目をするのがパワーステアリングオイルです。正式にはパワーステアリングフルードといいます。
オイルは、パワーステアリングポンプとステアリングラック、リザーバータンク、オイルクーラーの4つの部分をホースなどを通じて、行き来しています。これらのパワーステアリングのシステムの部品には多くのゴムでできた部品が使われています。これらのゴム製の部品は熱や圧力によって劣化し破損してしまうこともあります。
このオイルは、このゴム製の部分の劣化や破損を押さえ、故障を防ぐ役割も果たしています。また、システムの潤滑油としても働いています。
部品の劣化を防ぐためにもオイルの交換は欠かせません。交換を怠ると、ハンドルが重くなったりパワーステアリングポンプが故障することもあります。
また、ゴムの劣化を招くのでパイプやシールの交換も必要になり費用が、かなりかかることになります。定期的な交換で故障を未然に防ぐことが出来ます。

Comments are closed.